スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出アガリ狙いと読み2 中級

続きです。
今度はトップ目、ラス前という状況。

22.jpg


これ、偶然3pと6pが残ってるわけじゃありません。

6pはもともと持ってましたが、2巡前に3pを持ってきて7sと4sを捨てました。
3pを持ってきた時点で3pにある程度照準を合わせたところ。

もちろん親の3pを見てです。ここでの読みは捨て牌や相手の手というよりは展開を予測するところから入ってる感じでしょう。

10000点の親は目いっぱい攻めてきます。おそらくごっつい手でリーチかけたくてしょうがない(ダマもありますが)わけです。
もちろん鳴いて2900とかもありますけど、それはあくまで妥協なんで。

つまり、ここで考えてることは3pで親を蹴る、と。

親からリーチが入ればまだ目のある脇の二人は突っ込まない可能性が高いです。

・・・とそこに6sでテンパイ。狙い通りにいきました。


ここで血迷って「ええい、引っ掛けだぁ」 (キラン)

とかは筋悪ですかねw 

それ自体がどうとかじゃなくてダマでかわすつもり→気分でリーチってのがダメなんですよ。


3pppp.jpg



まあ、3巡かけて考えてきたことが5秒でパーなんですがw

ここは3pですが、この3pてのは脇の二人がはってたときに結構当たります。

それはみんな大体同じことを考えてるからなんですね。

打ってオーラスでも問題ないと判断すれば切ればいい。
脇に打ってオーラスをむかえるのがイヤなら北。

ただその場合は親に6000オールとか引かれてもアツくなっちゃダメです。




情熱が抑えられません

人気ブログランキング


出アガリ狙いと読み1  中級

2回に分けます。

同じ出アガリ狙いでも全然違う。でも、出アガリを狙ってるということと、どちらも読みがベースになってるということは共通してるんでそこらへんを比較してもらえると。



l.jpg

状況からいきますと、オーラスで3着、できれば2着をマクろうとしてるところです。

おそらくラスでしょうw

ただ、当然いけるとこまでいきます
そのためにはこの5400点を埋めなければいけないんですけど、

中は鳴けない、ドラも赤もなく
メンツも足りない、ということでチートイツをやってます。

3色、一通、白バック・・・しかない下家がリーチに対して手出しの白。



ll.jpg

なぜか白を温存してくれてます。 
これはもう白待ちでテンパイさえすれば2着まであるんで流局なんかは考えません。

白一枚からのバックと一通の天秤だったとしても、その場合は山にいるわけですから鉄板だと思っていいです。
余談ですけどもし一通なら待ちはカン5mかペン7mあたりがありがちですね。
ただし、このケースでは待ちに当たりをつけてオリるとかまわす、という場面ではないので
思うだけで十分です。

簡単にいえばトイツ落としを掴まえるということです。


とそこに4pツモでテンパイ。 リーチですね。


大事なのは、どうせラスなんだから真っ直ぐ進めばいい、ということです。

*もちろんトップをとるためにそうする場面もありますけどそれはまたの機会に


lll.jpg


この捨て牌で手出しの北でリーチですから、7割がた一発かなと。

もちろん下家の人が白を並べてたらまた違っていますし、一発で出るとは限りません。

けど、せっかくチャンスがあるんだからこの白はどんどん狙ってかないともったいないです。

合わせ打ちなんてホントにラスでいいとときだけでいいと思います。




裏は乗りませんけどね

人気ブログランキング


アツいってどんなこと?

僕は自分がミスったとき以外にアツいと感じることはほとんどないんですけど、
みなさんはどんなときにアツいですか?

アガれない、掴む、連ラス・・・

まあ、アツいっちゃアツいんですけどw


おもしろくないとアツいを分けてください。


僕は、その後の正常な判断に影響が出る心理状態を「アツい」と表現しています。


簡単に言えばミスだとか後悔です。


アツくならないようになるためにはミス以外はアツいと思わないクセをつけることです。


ノーミスでダメなときは麻雀はもうダメなんでw


相手が上手く打つことやツイてないことはしょうがないことなんです。


今日はちょっとそのしょうがないのとらえ方をイメージしてもらえたと。


]]]

いい手ですよね。

このとき何考えてますか?

これはもう経験上發ポン→南ポンの1-4-7pが一番あがりやすいです。




*以前、この發を鳴くために目立った切り出しをしない方がいいという話をしましたけど、
ここでは西や9pが捨てられないので


]]]]]


このツモどう思いますか? テンパイチャンスは広がりましたけど・・・

僕はウホッw とは思いません。 理由は↑の最もアガりやすいと思った道からズレたから。

つまり理想とは少し違うということです。もちろんまだまだいい手であることには変わりませんけど。


]]]]]]

当然ダマです。 

ちょっとここでリーチの話を入れます。

リーチはノータイムでかけてください。長考や首をかしげながらのリーチは納得してないということなんですよ。


当然と言いましたが、タテホンのリーチで仕上げるつもりで打ってたならリーチかけても問題ありません。


僕はここから發をポンしますけど、それはこの瞬間に考えることではなくて、
手の進行とともに考えることなんです。
この絵だけ見て「当然ポンだろ?」 って意見は好きではありません。



]]]]]]]]]


追い込まれちゃいましたw


キレリーはいけません。カン2pまでありそうなリーチですけど、ポンして打2pのつもりでゼンツダマをし続けます。
ここでの振り込みは全くアツくない。

1pか發引きならリーチもいいかと思います。

オリないし、待ちも当初のイメージがメンゼンでできたわけです。また現物でもない。

まあ、好みですかね。


僕が言いたかったのは、

これがアガれないのはしょうがないし全然アツい要素はない

ということです。

始めのうちはデカイ手がアガれないと「なんで俺のハネマンが・・・」なんて思うかもしれませんが、
その手がどのくらいアガれるとか、こんな展開になったらシケることが多い、みたいなことをたくさん打ってると

感覚として染み付いてきます。





裏ドラもっこり

人気ブログランキング


かわしの発想

www.jpg


親にマンガンをアガられないようにするにはどうすればよさそうか


考え方の問題です。


ドラ9s。赤見えてるんで12000は確定。(116無視)
18000も全然あります。


手はできてるんでかわしたいですよね。


そうすると選択肢はマンズ、ピンズ、白・・・

僕は白を切ります。

ダマピンフで親の手を蹴る発想ですね。

理由としては、






マンズもピンズもいい待ち→2択を選べない。


白を鳴かせてもらえない可能性が高い。


テンパイまでの2択を正解したとして、

白と北のシャンポンで「よっしゃ、リーチ!」・・・という場面ではない。






かわしの思考回路です。


白で打ったらどうすんの?


それはかわす発想ではありませんので絶対打ってはいけない場面だと思うなら、
マンズとピンズ落としてオリてればいいでしょう。


ただ、そのベタオリには危険もあります。

ドラは自分の手には見ての通りありません。
親のホンイツに組み込まれてなければ他の二人が持ってるわけです。

当然、仕上がればソウズを勝負しての赤マタギのマンガンリーチなんてこともよくあります。

例えば赤5pマタギとか。場に出やすいとこというのは自分だけが知ってるわけではないですから。

こっちはかわしのダマとしてみてるピンズやマンズが攻めてくる方からすれば一発で掴まえる牌でもあるということです。
場に安いというのはそういうこと。



囲まれて切る牌がなくなってオリ打ちという最悪の結果もないことはない。

もうこれは理論云々ではなくて



オリ打ちは絶対クソなんでw





まあ、こういう弱い状況では消去法的な思考回路が割りとフィットすることが多いんではないかと。



次のツモは白なんだけどねw

人気ブログランキング




双子の手牌

25p.jpg


強いリーチをかけていくのが基本ですが、全く同じ手でも状況次第で麻雀は選択が変わります。

リーチが悪いとは思いませんけどここはダマにします。


ピンズが安い状況は親がドラを持ってることへのケアによって作られた可能性が高く
(対面か下家のどちらかはソーズやチートイドラが入ってるとしても)
・・とすると受け的に手を進めてる二人はザルを止めてのベタオリが当然ありうる。


ここはドラを持ってる人をアガらせない、差しの勝負をしない方を取ります。
つまり、強いダマ

鉄ザルを掴まえるのではなく拾う感じでアガりたい感じかなと。

守備的な面からはこんなところでしょうか。


攻撃面?からは

このリーチ、上家を一発でとらえても飛ばせないわけです。
もし、上家が5000点ならリーチをかけると思います。

そのサインとういとオカルトチックですけど、入り目が1m。
これは手が確実に安くなったのですから自重のきっかけにもなります。


一連の思考としては、ここでは仕上げる感覚ではなく、場を確実に回し、親を復活させないこと。
そんなイメージです。

ここをリーチすると、よくてマンガン上乗せというリターンに対して

親の復活と対面、下家がでかい手を決めて並ばれる、というリスクが生じる。

このバランスから考えるとダマがかなり有効だと思いますね。


ザルではなく薄いと認識するのもアリでしょう。

もちろん自分が打つことが最悪なんですど、ここでリーチいく人は自分が掴むことなんて考えてないわけですw
それ以外の不利もある、ということをちょっと書きたかったので。



ダマ9600はイタイよね

人気ブログランキング


ミスの認識 -思考の一貫性

たまにはウンコ牌譜でも貼ってみます。




たぶんこれ本人以外が見ても

「掴んでアツいだけじゃん」

だと思います。

全然違うんですねこれ。ミスしたからアツいんですよ。

僕は麻雀の打ちすぎで、ツカないからアツイとか相手にうまくやられて悔しい・・・
とかいったことはもう感じない人間なんですw

もちろんおもしろくないとは思いますよ。


それでも自分がミスしたときはやっぱりアツいわけです。

ミスとかは主観ですから、参考になるかどうかわかりませんけどその主観・・・自分の視点からのミスというのを敢えて今回は書いてみようかと思います。

*もちろん客観的なミス(誰が見ても)をしまくる人はそれを減らすことを考えて打ちましょう

「そんなこと考えてる人もいるんだ」とか思ってもらえればいいかなと。


はつ

こんなのいつもはスルーです。



ここで3-6mを引けば


一発終了の可能性が極めて高い



じゃあなぜ鳴いたか。 これはメンタル的なことなんで適当に済ませますけど、ずっとツイてなかったからです。 ラスばっかり引いていたので2着キープに多少なりとも意識がいってた感じですか。

こういうのが流れを感じる、感じてしまうということです。
あるかないかとか、そんな客観的なことはどうでもいいことなんで。

←(流れの解釈についてはカテゴリにあります)

で、本題ですけど、とにかく鳴いてしまったわけです。(ここからはいくらか論理的な話)

これは状況的にみてももう一回アガらなければトップはないですよね?

つまり、これで押し切るのは強いとは言わないってことです。


言い換えれば


割が合わないということ。



ましてマンガン打ったらラス。

マンガンあるとは限らないじゃん→甘いですねコレはw

このリーチは2着確、ツモればトップという可能性が十分あります。
ここは自分視点じゃなくて相手視点で考えないといけないところ。

この人が何を考えてリーチかけてるのかを考えないといけない。
トップを見てるならハネツモ・・・つまりマンガンあることも当然にあります。

オーラスなんかは特に各々のミッションが状況から限られてくる場合が多いですから、その人が何を考えてるかを読むことがとても有益になります。
まあ、これも今回の本題ではないのでまたいいネタみつけたときに書きたいと思います。


はつ2


発をスルーできずに、リーチが入り、さらに中をラス目に鳴かれる・・・
ここまでグダグダになったらもうオリでいい。

3着拾っとけ、という話です。

タイトルの一貫性とか言ってるのは、
トップを取るという発想に立てばもう後手を踏んでるし、2着でいいとよぎったのならラス引きにいっちゃダメだよねってことです。
ここで2着はあくまでよし、であって2着を取りたいのではないですからw



コレ押すと全然ラスひかないらしいよ

人気ブログランキング








こんなのも効率  中級

な

こんな配牌もらって始めに考えるのは・・・

役、役、ドラ・・・なんならホンイツまで付けたいなぁってとこですよね?
悪くて3900にはしたいところ。


もちろんその後のツモ次第でどう転ぶかはわかりませんけど、とりあえずこのファンパイは鳴きたいと思うはずです。

切り出し方ですね。



どうせ要らない、切りたくなるとしても4pから切ったりはしません。

発や中が鳴きたいからです。
こういうのは一瞬絞られるだけでもうダルいんで、少しでも目立ちたくないんです。
ひとつ鳴ければもうひとつも序盤で叩けることも結構ありますしね。

要はここで言えば、今切る牌が他家の次の打牌に影響を与えるかもしれないってことです。
確かにそれくらいで都合のいいことになることはそんなにないでしょう。

それでもいつもそう意識することが長い目で見て有利だと思うんです。

これが効率ってやつじゃないかと僕は考えてます。


で、これが2mから鳴けちゃうんですけど、



な2


ここも1p切ります。 さっきよりもっと役牌を鳴きたいわけですからw


な3

8p。  4pと8pだけでも印象は違う。


な4

あんまホンイツには見えませんよね? 役ドラくらいに思われるかと。

ま、ここは難しいですけどね。字牌が重なると思えば4m、くっつきなら北。
一連の目だたずにというスタンスを貫くなら北がいいでしょう。

ここに5m引いたら最高。 白? これは多少アガリにくくても打点が上がるんだから不満なし。

4pにくっつけて2000点を取りにいくのも効率、ホンイツ目指して危険とされる内側の牌を先切りするのも効率かもしれません。

ただ、この手でマンガンをアガりきるという思考に立てばこういうのも効率と呼ぶのではないでしょうか。


ツモる確率は変わりませんが出る可能性は変えられます。


リーチ一発大三元打ったことありますか?

人気ブログランキング



逃げ切るとか追い込まれるとか  

たまにはキツイときの話でもしてみます。
(ちなみに今日の話は理論とは程遠いので)

親番を流されてのラス前。

dd.jpg


これはもうラス抜けですよね。

問題はどう3着をキープするか。その最善の展開をイメージすることでしょう。


1 食い散らかしてアガりにいく→2トップが仕上げにきて振り込んでラス
1”相手がきたらオリる     →オリきれず振り込んでラス



2 じっとして2トップがアガるのを期待→ラス目がアガりまくられる



3 メンゼンでリーチまでもっていきラスとの差を広げる→2トップと差しになり振り込んでラス



イメージはこんなとこですか・・・
つまり、どうやっても厳しいわけですw


いろいろタイプもありますからなんとも言えませんけど、1の選択は僕はあまりしないです。
アガってもオーラスでもう一回アガれると思えないから

もちろんツモ次第ですから、コレは配牌取ったときのイメージですが・・・


ddd.jpg

ここですか。

これ4pだけ鳴く人、全部鳴く人、何も鳴かない人といるわけです。

僕は何も鳴きません。 
ここまできたらさっきの選択肢の中で3が最善と判断するから。

理由は先ほど1を嫌う理由として挙げたアガってもオーラスでやられる可能性が高いこと。(これはもう経験上)

仮に4pだけは鳴くべきだ、としても

待ちを選べない

3面に決まってるだろ・・・   決まってませんw
今は後ろからアプローチしてますから、3面が強いも糞もないというところです。

追い込まれてるときは全体がもうネガティブ思考ですから、
最悪の手順を踏まないイメージで、と言う感じですかね。

逆にいいときはMAX方向から考えていく、みたいな。

これはもう客観の話ではないので、感じ方の問題ですから「何言ってるかわかんねーよ」って方は聞き流してくださいw

内容は同じでもそこへの意識というか、違いますよね?


あと、これは超真剣に打ってるときの話であって、

例えばフリーで楽しく打ってるときはゼンツでもいいし、とにかく高い手を作ってツモる、とか
要は「3も4もかわんねーよ」でいいんですよ。
勝つために、と言う話は結構難しいんです。
後ろ向きのネタというのは追求すると収支の話になりかねないのでw
まあ、そこらへんはあまりリンクさせないように書いていこうとは思ってるんですけど。




逆点棒の壁

人気ブログランキング





ダマの性質

市川です。



dsds.jpg


これ、9mをツモ切ったところです。


今回は中級向けで話したいのですが、先に初心者の方(その判断は自分で自覚があればいいかと)
へのアドバイスをします。
9mを引いたところで6mを切ってリーチしてください。(メンピンイーペーコー) より高く、より早く、できればいい待ちでw・・コレだけを考えて打っていれば上達は早いです。 

展開的なことや、守備意識というのは、アガる技術をマスターしてから身に付けていった方がスムーズです。


では、本題です。
要するになんで9mを切るのかということですね。 

そもそもこの時点でこのダマにしてるわけですが、手変わりはもちろん、1000点を考えています。
6-9mでリーチもしくは6mを引いてリーチをかけたかったところに9mを引いたというバックグラウンドがキモですかね。
状況的には持ち点、心理的には入り目・・・1000点でいいと思う理由です。

もちろん、攻撃意識を捨ててるわけではありません。
手変わりは、6m、後は赤3種。 6mを引いたときはリーチ、赤振り変わりは6m待ちでダマ続行・・・
これが、高くなる、仕上げにいくケースですね。

つまり、この状態のままならば局を回す感じのアガリでいいという判断です。

とすれば、1000点を2000点にすることによって6m、5mをツモ切ることになる789mイーペーコーは要らないわけです。 
高くしてリーチをかける、という攻撃意識と同時に余計な牌をツモ切らない、という守備的な意味もあるわけです。 
・・・要はバランスです。 

麻雀というのは、オリてるとき以外は大抵はアガリをみますから、攻撃と守備にハッキリした線引きはできません。

ダマの性質は様々ですが、ダマならダマの利点をなるべく活かしていきましょうw


一応、牌譜貼っときます。 東4-3本場です。




押すとダマインパチがバンバン入ります。

人気ブログランキング




ダマからのリーチ

やっといいネタを仕入れましたw

今日はダマからのリーチってことなんですけど、

ダマ


ここで4ピンツモ切りのリーチってオヤジ臭丸出しだと思いませんか?
こういうのってかける人にもよりますし、もちろん相手にも・・・
一概にどうとは言えませんけど、まあ、思考レベルは浅はかと言わざるをえません。

もちろん、「俺クラスこんなアホみたいなモロ引っ掛けとは思わんだろ」的な逆手にとった発想を自他ともに認める上手い人が考えることは否定はしませんがw

基本的にはまあ、ダメですねコレは。

選択はツモ切りダマ、8ピンを切って変化を見る、この2つでしょう。
ここで4ピンツモ切りで曲げるくらいなら、即リーしてた方がいいでしょう。

リーチ


ここでリーチしました。 なぜでしょうか?

これは、赤5ソーにキレたフリをするわけです。 

ソーズ、ドラそば・・・そこらへんを意識させます
もちろん、態度は無しですよ。

以前にも言いましたが、言動、態度、表情で出やすくするのは反則です。
リアル連合では認めてません。

捨て牌、状況、タイミング、こういったことを利用して出アガリを狙うのは大いに結構ですので。


ところで、アンコの外側は出やすいと単純に考えてる方が結構多いようですが、

ここで初めて5ピンがアンコなので浮きやすい、ということを出る理由のひとつに加えていいんです。

単に5ピンがアンコだから7ピンは出るとかいうのは乱暴な発想です。

だって、“無い”の知らないんですよw 


もちろん、この選択がどう転がるかは知りませんけど、このカン7ピンは待ちがいいとは言えないわけですから、少しでもアガりやすくなるようにしたい、ということです。



ロシアを応援しますw クリック!

人気ブログランキング





プロフィール

いちかわ

Author:いちかわ
リアル麻雀連合会長

ネット麻雀は天鳳の雀荘戦というところで打ってます。
リアル、ネットの大会主催したり。


麻雀ライブやってます


いちかわ麻雀ライブ(らいつべ)


カテゴリー
超不定期ですが
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
麻雀バカのみなさん(ブログ)
麻雀をこよなく愛する方々
最近のコメント
お気軽にどうぞ
リンク
過去の記事
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。