スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何切る利用法 

何切るとはなんぞや?



打ち慣れた人には何切るというのは性格判断のようなものなんですが・・・


何切るの正解なんてどうでもいいんです。


何を切ったら何が見えて、何がなくなるのか。
選択肢いくつかのメリットデメリットを大方挙げられること。

ここまでがいわゆる牌効率の話。
これはもう知識として身に付けるものです。
受け入れに気づくとか、見える手役とか、打点とかそういうことです。
その上で自分は何を切りたいのかと。

基本的にどう高くアガりたいのかがベースにあります。

それは言い換えれば

次に何を引きたいのか

ということになります。


これは何を考え、どうしたいか・・・ということ。

それだけにとどまりません。

また、経験に照らして何を引きそうか、引いてしまいそうなのか。

どれを引いたときはどうアガれてどれを引いたらダメそうか、とか。

こういったイメージを膨らまして遊ぶイメージトレーニングでもあります。


結局、これも上達の過程と同じで、基礎は牌の仕組み。

次に実戦だとどうなんだろう?ってことになります。


例えばこんな手牌(とあるお店からパクッってきました)

何きる


超良問です。 一応早い巡目の設定だったかな・・・ 

これについてしゃべれば20分は持ちますかねw  

いろいろ考えてみるといいと思います。 正解を考えるんじゃありませんよ。

イメージですよ。 イメージ。


この牌姿ですけど、おそらくキンマとかに載ってたら

6p  40%  
1s  35%  
2s  10%

その他





ってとこかな?   



でも実戦では1sの方が6pより切られてるんじゃないかなぁと。
6pと言ってる人が結構1sを切ってると思いますね。

それは、ドラの重なりよりくっつきの方があるでしょ?
っていうところからくるものだと思いますけどw 
いずれにしろ、状況的にマンズが安いケースが予想しにくいわけです。




何切るのマジョリティは確かに正解クサイです。
ただ、麻雀は状況がない、なんてことはありませんからその選択の一長一短をその状況でどうみるか、に尽きます。

ここのマジョリティーを毎回繰り返していれば結果がついてくる・・・というのはもっともっと明らかな差がある場合に限ります。
こんなきわどい選択だと実戦ならホントに場の状況次第ですから。


何種何牌の受け入れだとかは考えなくていいです。

見た目で十分です。 

1枚出てれば変わってしまいますし、相手に使われてる部分を読むか読まないかでその計算は無意味となりうるものです。



これ、あるお店の待ち席からパクってきたんですけど、となりのお客さんが1sを選択。
2pとか7p引いたら1000点でもいいんじゃない? とw

リアルですよね。 


まあ、この手材料で1000点なんて・・・って言う人もいるでしょうが、
極端な例ですけど、1s切って、上の親が5mでリーチ、そこに持ってきたのが2pで親の河に1p・・・
赤5m切って1p拾うんじゃないでしょうか。

この1sはもちろん2pとか7pを引くつもりで切るのではなく、4mか6mを引くつもりで切るわけです。


何切るはまず理想を置き、 そこからヨレたケースのフォローを考える。
次に引きたい牌、引きそうな牌、引いてしまってもいい牌・・・
そんなことをイメージするものかなと。



それぞれみていきましょう。

6p切り

5mで一通、4mで3色、3mはカンチャンだけどダマが利く。



なんかだと思いません?


3mも3色って言うべきですよね、ホントは。 

でも、大事なのは前にごちゃごちゃついてる部分なんですよ。

引いた牌に対しての感触とかイメージ、とらえ方が全然違います。
これはその後のリーチ判断にも影響しますし、要するに比べてることは同じものではなくてあくまで総合的な感覚です。

どうしたいのか、どうなったら嬉しいか、どうなったら嫌かとか・・・そんなこと考えながら打ちます。

例えば、
4m引いてリーチしたい、5m重ねてダマにしたい、3mでもとりあえずダマれる、7mは欲しくないけどとりあえずダマで様子をみようか・・・

ピンズは伸びてもダブドラ切るとかねーし・・・



みたいなイメージを持って6pを切ると迷うことがなくなっていきます。


1s切り の理想は4mですよね。 で、6mもいい。
フォロー的にピンズ伸びたらドラ切りでかわすケースも視野に入れる。

ただ、5m引きは高目ハネマンのテンパイ逃し。 でも、その場合は2s落としで今度はピンズの伸びをかわしではなく理想に見る、とか。

6sで一通を逃しだけど5mタンキは嫌だしタンヤオに振り替えて↑の思考回路に戻れるから問題なし・・・てな感じで。


で、2sですか。

これはやや一通を意識しすぎな感はありますね・・
ドラの横は引かない、使えるなら頭、というところでしょう。
3-6p引きダブドラ切りの高目一通という手をどう見るかですね。



結局この手はストレートなシャンテンととらえてるだけではイメージは広がらないんです。


赤5mをいかに使うか

ピンズのかわしも考えてるか

テンパイ逃しが痛いのか痛くないのか

こんなところですね。


ここらへんへの意識が判断の分かれ目かなぁと。





まあ、いつもこんなとりとめのない話ばっかりなんで、今回はもう少し個人的な意見も書いておきます。

僕は3m引きに対してはかなり印象悪いです。
もう何万ハンチャンと打ってきましたけど、ドラ表示牌のこのマンガンをそのままの状態でアガった経験がどれくらいあるかと言われたらほとんどない、と答えます。
正直3mは欲しい牌ではありません。

やはり5m、4m、6mの順番で欲しいですかね。あ、もちろん7mとかは・・w

ダイレクト5m引きで3-6sをMAXと見てますので僕は6pと答えます。
ですから1sでの5m引きを後手と感じるので、そこからの2s外しには遠回り感を持ってるというところです。
ただ、これは1s切りの立場から見たら後手ではないんですね。
先ほど言ったように2sと頭を振り替えてピンズを伸ばして決めに行く・・前進です。
1s切りはドラも最悪切る腹でしょう。こっちは4p、5pが面倒な牌になりますね。
3面ならかわしの価値はあってもリャンメンならやっぱりドラは切りたくないんじゃないでしょうか。


総評としては、
6pは次に引く牌でアガる形をほぼ決める感じなので、この巡目でスイッチ入ってるイメージ。
対して1sはまだ余裕を持たせるようなところがあるんじゃないかなぁと。


ま、まとまりませんけど解説ではないのであしからずw




6pと答える人が実際には1sを切ることが多いだろう、と言ったのは
5mを重ねてMAXというのがわかっていてもそれが難しいと思う状況の方が実際にも心理的にも多いからです。

どちらかというと6p派の方が攻撃、1s派は柔軟って感じじゃないでしょうか。

超個人的な予想ですけど、同じ4m引きでも6p切った人の方がリーチ多いと思います。


まあ、それもその状況になってみなければわかりませんけどw
あくまで“何切る”ですから。

あと、大事なことを言い忘れてました。1sを引く前にすでに1s引いたらどうするかを考えて(決めて)おくものです。
既に4、6m引きを見てるところに1sを引くわけですから、この辺の感触に対してもひとそれぞれなのかなーと。










俺クラスの選択でおk。

人気ブログランキング




スポンサーサイト
プロフィール

いちかわ

Author:いちかわ
リアル麻雀連合会長

ネット麻雀は天鳳の雀荘戦というところで打ってます。
リアル、ネットの大会主催したり。


麻雀ライブやってます


いちかわ麻雀ライブ(らいつべ)


カテゴリー
超不定期ですが
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
麻雀バカのみなさん(ブログ)
麻雀をこよなく愛する方々
最近のコメント
お気軽にどうぞ
リンク
過去の記事
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。