スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守備の考え方

もうアガれないと感じたら打たない意識を持つこと。


絶対打てない状況ではベタオリ。


通らないと思った牌はなるべく打たない。


通してもその後の有利な展開が見込めないなら通すのは無駄


本当に有利な差込みはしてもいい。   


まあ、こんな感じで打てればいいんじゃないでしょうか。






スポンサーサイト

攻撃意識と守備意識  

麻雀における守備は一般的にはオリと回しのことを言います。

ただ、僕は少し違う見解を持っています。

攻撃意識と守備意識…
相反するもののようで、実は麻雀においてはある共通の思考回路にある意識なんです。

それはヌルい打ち方をしないように心がけることなんです。

自分のアクション、打牌選択が自分自身にどういう結果をもたらすか・・・

これをある程度イメージを持って打つ感じです。


ヌルいってのは一般的には攻撃の手を緩めるとか詰めが甘いってことなんだろうけど、カウンターを受けやすいとか危ない状況に自ら向かうことも「ヌルい」だと個人的には考えてます。



オリることがヌルかったり振り込むことがヌルかったり、リーチするしないとか、そのときによって何がヌルいかは違うんですが・・・


要するによくない結果へ導く選択をすること 

がヌルい打ち方ということでしょう。
プロフィール

いちかわ

Author:いちかわ
リアル麻雀連合会長

ネット麻雀は天鳳の雀荘戦というところで打ってます。
リアル、ネットの大会主催したり。


麻雀ライブやってます


いちかわ麻雀ライブ(らいつべ)


カテゴリー
超不定期ですが
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
麻雀バカのみなさん(ブログ)
麻雀をこよなく愛する方々
最近のコメント
お気軽にどうぞ
リンク
過去の記事
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。