スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前局との関連性

前局との関連性・・・これは確かにありません。


ですが、それは客観的に見て無いのであって、本人はそれを

感じます


ここで考えて欲しいのは、打ってるのは自分であるということ。
展開を意識するからこそ麻雀はおもしろいんです。

関連性が客観的にあるかどうかなんて関係ありません。
ゲームの連続性の中に関連性を見出すことが展開に対するイメージです。


ここまでに起きた事実と、この先起きることへの推測を関連づけるもの・・・

その連結環が思考の連続性ではないかと。

以前言ったとおり、麻雀はある時点の状況だけを判断材料にした断片的な思考の連続からなります。
しかしこれを連続したものととらえるからこそ面白いわけです。





押せば明日は緑一色がアガれるでしょう。

人気ブログランキング




スポンサーサイト

経験則とモチベーション


麻雀においてオカルトと言われるものはつまり、人から聞いた信憑性のない話のことです。

僕は、客観的にみてオカルトであっても本人がそう感じているならそれはもうオカルトではないと考えます。

これは経験則と呼ばれるものです。 

その頻度、実現性が高ければその人の感覚として大いに活用すべきものだと思います。
ですが、人から聞いただけで自分では確かめても、見ても、感じてもいないことは150%オカルトですので特に初心者の方は騙されないようにしましょう。

例えば、不調者の鳴きはどうのとか、ツモの流れ的な話はこの類である場合が多いです。

基本的に麻雀というのはほとんどの場面において解釈で成り立っています

例えばマンズばっかり引いてきてタテホンなんかが見えてきてるような手があったとしましょう。

これを“一色手の流れ”と思うかどうかは、流れの存在、不存在とは無関係です。

マンズをたくさん引いてきたからマンズのホンイツにしたい・・・
というだけです。 


問題はここですね。

「ホンイツに向かうことによってアガりを逃がすリスクとアガったときの打点、すなわちリターン」

と、

「ホンイツにしないことでアガりやすさをとる一方、安くなってしまうこと」

こんなことをよくデジタル的な話のポイントで扱ったりしますが、これは別の言い方をすると・・・


「ホンイツにしてアガれなくなることへの後悔と、アガりやすさをとって安くなることへの後悔」

・・・超アナログw

これを天秤にかけてるだけなんですね。


麻雀は結局、解釈の世界です。


後悔は必ずフォームを崩します。(これをオカルトと言われたら終わりですw)

要は自分が染めたいのかどうなのか・・・そこに素直になればいいわけです。

但し、この例でいうと、「ツモがマンズの流れなんだからソウズを落とした方が早いしアガりやすい」

などど人に言うことはオカルト以外の何物でもないといえるでしょう。



クリックすると週に2、3回三倍満がアガれます。

人気ブログランキング






流れの認識と解釈 -リアル麻雀論-



流れは150%ある。


これはね、流れ否定派の人にはこう説明したい。



ゲームの展開によって状況に差ができること。


駆け引きやミス、メンタルによる打ち方の変化はその要因のひとつになりえます。


例えば東パツ5800、6100オールの後に、また5巡目くらいでリーチが入ったとしましょう。
これを流れと安易に口走る人もいれば、そんなものはないと断固認めない人もいます。

考え方はどっちでもいいんです。
単純に状況はキビシイですよね?

その状態をその後も続くと考えるかあくまでここまでの結果としか考えないかって違いはあるかも知れない。
でも、この時点での判断、選択に影響を与えるかっていうとそうでもない。
打ちたくなきゃいかない、アガリを止めたきゃ突っ込む。

ノーリスクでかわすのは結局、無理ですから。

要するにどう捉えようが対応に対した違いはないわけで…
ただここでオヤマンを決められたら勝負アリってことは、考え方がどうあれ揺るがない事実です。

この展開のことを流れと呼ぶことを否定する余地がないと思うんですけどねw


ヒヨるなどの心理的な影響も含めて流れと言われてるわけだし。


何しろなのはコレですよ。

牌の流れ。

ただ、コレは僕に言わせれば逆にどーでもいいことですかね。
感覚的に引いてきそうなのか枚数的に引いてきそうかってことなんだろうけど…

そう思うってことに変わりはないんです。 

麻雀では思う感じるは、ほぼ同じことです。

もっと言えば読むというのも大体同義なわけで。

ここで意見が対立してしまうなんてのは少し頭がカタイかなぁとw

同じものを別の視点で見てるだけなんです。

ちょっと頭がいいとコレを理論的に考えてるって思いたいみたいです。

逆に、明らかに山の中に何が濃いか読めるような状況なのに流れで引いちゃうつもりになってる人もいるわけです。

流れはあります。
そもそも流れというのは、目に見えるかどうかでなく人が感じること

これはメンタルと共に存在してるに過ぎません。
メンタルが思考に影響を与える以上はあるとしか言えない。
例えば、ある人にとってラッキーなことは一方の人にとってはアンラッキーなことです。

・・・つまり流れってのはそれぞれの解釈なんです。

共通認識ではないということ。





押したら連勝が止まりません。

人気ブログランキング



プロフィール

いちかわ

Author:いちかわ
リアル麻雀連合会長

ネット麻雀は天鳳の雀荘戦というところで打ってます。
リアル、ネットの大会主催したり。


麻雀ライブやってます


いちかわ麻雀ライブ(らいつべ)


カテゴリー
超不定期ですが
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
麻雀バカのみなさん(ブログ)
麻雀をこよなく愛する方々
最近のコメント
お気軽にどうぞ
リンク
過去の記事
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。